81回目。もう一ヶ月たってしまったよ。

<GGコーナー>
 先日、日帰りバス旅行(ドラッグストアの)が当たったので、土曜朝に5:30起きで行ってきました。甲府の方に行きました。たしか、あっちの方はワインとかぶどう狩りが有名なところですよね。いったいなにを見せてくれるのだろう。楽しみと不安がいったりきたり。
 ルートはあの笹子トンネルを通ります。まさかなあと思いますがやはり心配です。ヘルメットとか持っていったほうがいいのかな(2011年の地震の後に買った)とちらっと思ったけど、持って行かなかったんですよね。
 朝方は曇ってあまり気分が乗ってきません。集合場所に行くとずいぶん若い子達がいます。あれれれ、しかもスノボとか持ってます。あれバスが違うんだ。これはスキーバスです。ああ、ここに来てるバス達はみんなそれぞれ違うんです。当選はがきに8号車って書いてあったので、みんな同じとこへ行くのかと思いました。考えてみれば、8台一辺に行くわけないわな。8台X40人で320人もぞろぞろ一緒は無理ってもんです。
 で、我々のバスは添乗員さんが名簿を持ってなにやら確認してました。総員39人中男は5人しかいません。あとは、女性ばかりでした(私と同年代が多い)。だからどうだというわけではありません。私は写真が撮れればいいのです。一応高級一眼レフの方を用意しました。でも、こういうバスツアーは以前にも行ったことがありますが(いちご狩り、ぶどう狩りなど)バスに乗ってる時間が多いので、あまり写真は撮れないんじゃないかなと思ってました。その通りあまり撮れなかった。やっぱり買い物ツアーでした。わさび屋、ジュエリー工房、ドラッグストア、ハーブ園、酒造屋。ゆいつ違うのがホテルで昼食バイキングとお風呂。ジュエリー工房に2時間も時間があったのに、ホテルの昼食と温泉は2時間半でした。女性は温泉大好きな人が多く時間が足りないと言ってましたね。
 いろいろ寄ったなかでレーズンを買ってしまいました。袋の後ろを見たら原産国アメリカです(あーはずかしい)
ジュエリーもいいのがあったら買いたいと思いましたが(私シルバーの指輪が結構好き)、女性向きが多くお高いのが多くてだめっす。甲府地方は水晶がとれるのでジュエリー工房が多いそうです。
 試食試飲はかなりしました。梅のなんとか漬け、わさびのなんとか漬け、乾燥しじみのもどした味噌汁(甲府でしじみ?)。なんとかのジュース。ハーブの自然化粧品。ビルベリー(ブルーベリーの一種)の100%ジュース。などなど。私は乾癬があり、眼を使う仕事(パソコンを使う)ので、自然化粧品とビルベリージュースを買って、現在使用中であります。きいてるのかきいてないのかまだわかりません。
では少ない写真のなかから見てね。

 最初はツアーバスの中を撮ったんです。私は後ろから3番目の席でした。禁煙なのに灰皿がついてた。古いバスなのかな。
画像

 次は笹子トンネルの手前対面走行で下りは渋滞でした。トンネルの中を写真に撮りましたが、バスの中で走ってるし暗いのでなにがなんだかわかりません。
画像

 そして、ハーブ園です。入場は無料で、いろいろ説明があり、最後はこれだよね。かなりサービスがよかったな。みなさん、バーゲン品を取るようないきおいでした。すんげーな。
画像

 昼食と温泉のホテルの池に錦鯉が、えさをくれるとかんちがいしたのか、みんながよってきた。ここのホテルはプールがありました。お風呂はわりと広く、バイキングもなくなると追加してくれました。特別おいしいとかではないが、充分楽しめました。ここの売店で小さいおみやを買って財布に入れました。お金が貯まるそうです。 
画像

 酒造屋のガイドのおじさん(しむらけんさん←本名)ここで、いろんなお酒を試飲した。しぼりたて、にごり酒、清酒、梅酒など。しぼりたてはさっぱりさわやかだけど日本酒だった。昔、菅平で試飲した日本酒は果実酒みたいでさわやかだったな。秩父のお酒もさわやかで日本酒じゃないみたいだった。
画像

<GGのまんがコーナー>
 最近、まんがが増えて1600冊になろうとしてます。少し整理しないとね。全巻揃ってたり、途中だったりするとなかなか整理ができなくて、本棚はとっくにパンクしてるし。やっぱり整理するしかないのかなあ。テレビで片付けの番組があってその時は「ときめくか、ときめかないか」で決めるんだと言ってたけど。やってみっかなあ。
 といいつつ今買い続けてるのが。
「美味しんぼ」「百鬼夜行」「Drコトー」「AZUMI」「ヒストリエ」「臏ビン」「おにいさん」「鬼平犯科帳」「ゴルゴ13」「海街ダイヤリー」「後巷説百物語」「そば屋幻庵」「スプライト」「でかわんこ」「アシガール」「乙嫁語り」「青の祓魔師」「僕らはみんな死んでいる」以上これだけは買い続けています。もっと読みたいまんがはあるんですが、がまんしてます。

"81回目。もう一ヶ月たってしまったよ。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント