2回目。孫の運動会と親父とおふくろコーナー

<孫日記>
孫は2人いて、上が今年から幼稚園のM子、下が来年幼稚園のS治、M子はプリキュア大好きでコスプレもしちゃうし踊っちゃうぞのパワフルっ子で自分の名前を漢字で書いたりしてじいじばあばを感激させています。S治は電車命でおもちゃコーナーのプラレール売り場にいれば幸せだぞっ子で数字が得意で読めるようになりやはりじいじばあばを感激させています。特にばあばは孫に甘いようです、自分の子達にはかなり厳しく贅沢はさせなかったけど孫は別みたいだなあ(ばあばには内緒)。最近では2人ともよくしゃべるようになったのでおもしろくなってきました。この写真は幼稚園の運動会の時のものです。
画像
<親父&おふくろコーナー>
おふくろは3年前、親父は今年の2月に亡くなりました、それでも親父&おふくろのコーナーを作ったのは昔の人達、戦争を体験した人達の言葉や経験を残し伝えて行こうと思ったんです。時間軸は前後(思い出しながらなので)しますけどね。おふくろは群馬県の生まれ育ちで、東京が空襲の火事で空が赤くなった時「きれいだなあ」と思ったと言ってました。何度か飛行機(B29)が近くへ飛んできたけど被害はなかったそうです。親父はそのころビルマで大変でした。鉄砲の弾が親父の手の甲にかすった時「もうだめだ」と思ったそうです。

"2回目。孫の運動会と親父とおふくろコーナー" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント