203回目。ローリングストーンズ展。シャザム観てきた。

<GGコーナー>
 ローリングストーンズ展に行ってきました。五反田TOCメッセにて。あと三年で60年のバンドで、世界最高のバンドでしょうね。ミックが心臓の手術をするとか言ってますが危険ではないので復活してくれるでしょう。
1960年代後半ビートルズとビルボード、キャッシュボックスを独占してたもんなー。現在のバンドのほとんどはビートルズとローリングストーンズのコピーを必ずしてるはずです。そういうローリングストーンズ展ですから見に行かないわけにはいけないよね。ムッシュかまやつ氏も観たかったでしょうねー残念です、氏は以前ビートルズの番組なのに「おれはローリングストーンズ派だけどね」と言ってました。
 彼らはロックの楽しさを教えてくれブルースを教えてくれた恩人なのです。50年以上ギターを弾いてこれたのは彼等のおかげですね。いまだに上手く弾けないし覚えられないのにね。
 会場ではストーンズの曲が常に流れ雰囲気を盛り上げ、少し暗くして余計なものが目に入らないようになってて、彼等の使用した楽器特にギター。チャーリーのドラムもありスタジオも再現されてた。
 当時のLPジャケット校正刷り、デザインの途中。ライブ曲順とか、コンサート会場のミニチュア、曲作りのノートとかもあったな、みんな同じように曲作りしてるし。アンディウォーホルとかのポスターもあったし。グッズもたくさんありました。マグカップとポスターを買いました。シャツとかパーカー、ウインドブレーカーもかっこいいのがありましたがかなりお高いので今の私には手が届きませんです。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

<GGの映画コーナー>
☆彡シャザム
 スーパーマンと同じDCコミックだそうで、主人公の14才の少年が純粋な心を持ってるということで高齢の魔術師からスーパーマンのような能力を授かる。普段は少年だが「シャザム」と叫ぶと別人のような大人に。最初は能力を自分のためだけに使ってた。ヒーロー(大人)になってる時にビールを飲んでみたり、自販機にいたずらしたり楽しんでたが同じような能力を持つ悪者が現れ兄弟達にも被害が。主人公は兄弟達にも能力を分けて悪者をやっつけてめでたしめでたし。兄弟達、親達は里親里子で一人も血がつながってなくそれでも家族として力をあわせて困難に向かう楽しく明るい映画です。続きそうだな。
画像

   じゃじゃじゃじゃじゃじゃじゃああああああああアンアンあああああんンねええええええ
                                   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック