69回目。2012年、明けましておめでとう。寒い!

<GGコーナー>
 今年、2012年も1ヶ月過ぎようとしてますけど、

 新年、明けまして、おめでとうございます。今年のK家の年賀状どえす。宜しく、おんたてまつりまっする。
   
画像


 てなわけで、今年はいい年にしたいであります。昨年は、忘れもしない、いや、忘れてはいけない、「3・11東日本大震災」。地震の被害だけでなく、津波による被害。さらに、地震による原発事故の被害。又、風評被害。今でも、行方不明の方が、約3400名もおられます。親族や友達、同僚、近所の方々の心痛は、とても深いものでしょう。又、新聞やテレビでも、「3・11東日本大震災」を取り上げて、毎日のように報道してます。
 今回の被害はほとんどが人的被害ということがわかってきました。歴史のなかで繰り返される、大地震があります。先人は、その時のことを、石碑や文書に残してあることも、テレビや新聞の報道で知りました。
 そうです。地震や津波は地球の自然現象です。台風や、大雪、竜巻と同じですね。ただ、発生頻度があまりにも少ないので、忘れてしまうんですかねえ。人間て、こんなもんなのでしょうか。残念です。
 以前、「親父の”母の思い出”コーナー」に、ちょっと、関東大震災の時のことが、出てました。「方々に火災がおこり、退院早々の母と、私はリヤカーに乗せられ、父が引き、小学二年の兄が押した」とあり、当時、文京区の根津に住んでて、十条まで逃げたとあります。「安全とおもわれる所まで」ということで、ナビると、約7kmです。で、どのくらいの日時かわからないがもう大丈夫で、又、根津まで戻ったとあります(この時、親父は3才で人生初めての記憶だそうです。余程ショックな出来事だったんだろうね)。
 私は、「3・11東日本大震災」の時、ビルの9階にいましたが、もうだめかと思ったもんね。ねえ、すごかったもんなあ。電車は止まって、家に帰れないわ、電話は通じないわ、計画停電で、帰り真っ暗で、信号も消えてるので、危ないわ、電車の本数が少ないわ、途中までしか、電車が行かなくて、歩いて(2駅分)帰ったんだな、そういえば。
 とんでもねえなと思いましたが、思いましたが、震源地近くの方々は、こんなもんじゃないんだよねえ。今でも、「帰還困難区域」「仮設住宅」など避難生活を送っておられる方々。この、真冬の風雪の中で、手作業でがれきを片付ける方々。なぜ手作業かというと、このがれきの下にもしかすると、行方不明の方の、手がかりがあるかもということですね。明るく楽しい生活を一日も早く取り戻したいね。
<GGの雪写真コーナー>
 まっ、雪なんぞ、めずらしくねえよ。とおっしゃる貴方、ここらじゃめずらしいんです。5センチ積もっただけで、おおさわぎです。救急車の出動が多い多い。つうことで、
 最初の写真は、拙者の家の庭の様子です。夜の22:00ごろです。このまま降ってると、電車がストップして、会社へ行けないんじゃないのかなと、淡い期待を。この日、駅から家まで、雪を踏んで帰ってきたわけですが、あの、雪の上を歩く感触は、本物でした。あの、踏みしめると、ギュッとこう、しまる感じですね。この10年余、スキーから遠ざかってますもんで、懐かしい感じでした。
画像

 次は、会社の近くの公園ですが、立派な雪だるまがありました。高さが1メートル弱。朝には、雪は止んでましたし。雪だるまを作るのに転がしたあともないんです。不思議じゃあ。どこか別な所で作って、運んで来たというような感じでした。それとも、まだじゃんじゃん降ってる時に作ったのかな。足跡はいっぱいあったけどねえ。
画像

<GGの次号予告コーナー>
 最近、少し降りて来てます。2曲作れそうな気がしています。で、次号はまず、K家の新年会の話。はまりマンガ、はまり音楽、最近の服装かな。んじゃあねえ。プスプスプスプス。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック