56回目。あの、恐怖から一週間がたちましたが。地震その2

<GGコーナー>
 3月18日(金) あの、地震から一週間がたって、被災地は別として、東京近辺は落ち着きを取り戻し、被災地への救援に全力を使えるのかなと思ってたら、おおまちがいでした。
 こんなことは、初めての経験ですね。そりゃあ、震源地の近くで、犠牲になった方々。我家をなくしたり、原発の事故で避難を余儀なくされている方々から較べりゃあ、なんのこれしきというところですが、疲れたのは事実です。東電のありがたい措置(計画停電)のおかげで、我々は、振り回されているのだな。通勤などに使う、JR、私鉄のダイヤの大幅な変更。しかも、毎日、運行時間と運行区間が変更される。ネットが見れれば、運行情報をかなり、正確につかめますが、計画停電になってしまうと、パソコンは使えないし、携帯などの電話もつながりにくいし。
 仕事はしないわけにはいかないし。我々の業種は、情報系なので、計画生産ができないんですね。だから、会社に行くじゃないですか。で、東電さんが、「今日は電力を使い過ぎてるので、さらに大規模な停電があるかもよ、だから、混雑が予想されるので、早く帰ったほうがいいかも」って、もっと早く言ってくんなきゃなあ。おせえっつうんだよなあ。我が社も「早く、帰れる人は定時にならなくても帰宅してよい」なんて、帰れる人だあそんなのだれだってわかってるわい。
 携帯でその時の駅(池袋)の様子を撮影した。なんか、ぼけた写真だけどごめんよ。

 一枚目は、地下通路で、よくわからん写真になってしまったけど、皆、並んで、ホームへの進入規制にしたがってます。
 
画像

 二枚目は、ようやく、改札口のそばに来て、改札が開くのを皆、並んで待ってるところです。
画像

 三枚目は、ホームで電車が来るのを待ってるところです。そうです、このように、ホームが人間であふれかえっているので、ホームへの進入が規制されているんだね。ここでも、携帯は大きな力を発揮してます。ネットにつないで情報を得る人、えらい。ゲームをして気をまぎらしてるのか、ただ、暇だからしてるのか。家族に電話して、状況を教えたり、迎えを頼んだり、打ち合わせをしたりな。私はこの日、17:30に会社を出て、家に着いたのが21:00でした。普通は1時間半の道のりなのによ。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック