51回目。寒いです。家の中でも、裸足では寒いです。

<GGコーナー>
 もう冬ですね。思ったとおり短い秋でした。穏やかでまったりとして、日向ぼっこをする時期がありませんでしたね。これから、寒い寒い冬がやってくるのですね。そういえば、裸足は寒いんですが、靴下をはく気持ちになれないのはなぜでしょうか。
 先日11月3日(水曜)は18回目のホームコンサートを開催しました。今年はいつもの年より、いろいろ取り揃えた感じで、おおいに盛り上がりました。まあ、私は毎回、ギターをかきならしながらの歌ですが。
 奥さんのピアノのN藤先生が来て、ヴァイオリンをたっぷりと聞かせてくれました。実はN藤先生はヴァイオリンのプロなのです。しかし、ヴァイオリンてあんなに小さいのに、でかい音がでます。不思議じゃあ。
 Yちゃんはピアノ弾き語りをしっとりパワフルに。K康はドラムソロ。N崎夫妻はウクレレ。弟のE二はギターと歌。H山氏はギターと歌。子供達はピアノ演奏。M山先生の奥さんがN藤先生のピアノ伴奏でクラシックの歌と。我が奥さんも初めてピアノ演奏をしました。初めてといえば、拙者は初めて弟E二とギターを合わせて歌いました。しかも、K康のドラム付です。とても、楽しい時間でしたね。毎年一回だけど、18回つまり18年やってるんだよなあ。すごいね。では、その時の様子を写真でね。

 まあ、だいたいはこんな雰囲気です。弟E二がMYギターを持参して、演奏をしてくれました。我家にも、ギターは3台あるのに、やはりこだわりがあるんでしょうね。
画像


 N藤先生がヴァイオリンの音の出し方、弾き方、こうするとあんなんこんなん。ほぼ参加者全員、老いも若きも、小さき子供にも、ヴァイオリンを手に先生に教えてもらいました。あごにはさむはさまないで音が響いたり、手首の使い方、背中のそらせ方などなど、やはり、楽器を扱ってる人はわりと早く音がきれいに出ますね。本当に先生は熱心に教えてくれたのさ。
画像


 これが、生まれて初めて、私、弟E二、K康の3人で演奏してるところです。写真がないので、ビデオから比較的きれいな、画像を取って加工しました。たしか、M山先生(奥さんの絵の先生)が撮っていたような、是非データをもらいたいです。
画像


<GGのフレグランスコーナー>
 今回は、これです。うーむ、横文字がえーと、「JUICY COUTURE」for menの「Dirty English」というものです。ネットで調べてみたら、ファッション系のアメリカのメーカーですじゃね。ごつい感じのビンでキャップがすごいです。チェーンがまかってます。と思ったら、こういう形に成型してありました。使い切ったら、チェーンをはずして何かに使おうと思ってたのに残念じゃあ。香りは当然さわやかですが、甘みはないかな。少しウッド系を感じます。それと癒しを感じるのは、ウッド系の影響かな。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック