33回目。最近、野鳥の写真にはまってますザマス。

<GGコーナー>
 まあ、写真が好きなのは昔からですが、やはり、デジカメの時代になり、プリントも簡単に出来るようになったのが最大の理由でありましょう。
 数年前はね、フィルムを買ってきて、カメラで撮影して、ネガタイプなら同時プリント、ポジタイプなら、現像を写真屋さんとか、コンビニ、ドラッグストアで、お願いして「出来上がりはあさっての夕方です」とか言われてね。そんでさ、「これと、これがよく撮れてるな」てんで、また写真屋さんに持ってって「これとこれを四つ切でお願いします」なんて言って「仕上がりは、そうですね、今日はもう便がないし、明日は土曜だから休みで、便は来週の月曜になります。手焼きになるので木曜の夕方ですね」なんて言われてさ。まあ、今でもありますがね。それが今は、撮影して家に帰りパソコンを立ち上げて30分もあれば、A-3の立派なプリントが出来上がるてえ寸法よ。しかも色調はばっちりに出来るしね。撮影の時に少し暗く撮れたとか色が……なんてのは自由に出来るし。さらに、トリミングは当然としても、例えば、電線がじゃまなら、消せるし、あんなことも、こんなことも出来るであります。
 で、レンズを買いました。シグマ170-500mmという望遠ズームです。まるで、バズーカみたいです。野鳥は警戒心が強く近づけないし、まして、水鳥はそばに行けませんです。<GGの写真コーナー>にある野鳥は500mmで撮りましたです、本音を言えばもっと、そう、1000mmのレンズがほしいです。しかし、お値段が高いし、重いしね。で、三脚も買いました。170-500mmの手持ちは少しきついよねえ。

 あー、ウインブルドン女子はセレナ・ウイリアムズが優勝ですね。姉妹で決勝だもんな。すんごいよなあ。
いったい、どんな練習をしてるのですかね、だってさ、日本はなかなか勝てないんだもんよ。他のスポーツでは、結構いいとこいってるのになぜテニスはいけないのかね。練習しかないと思うんだよね

 そして、あの、そうです、あの、本当に「スーパースター」とだれもが認める「マイケル・ジャクソン」が亡くなりましたね。最近は本業以外の面で出てたけど、健康状態も悪かったんだね。「ジョン・レノン」の時もショックでしたけど、「マイケル・ジャクソン」もショックですね、音楽の系統からいうと「ジョン・レノン」とは違うけど「スリラー」とかのダンスとか「ムーンウォーク」とか拙者も少し真似しました。本当さ。

<GGの写真コーナー>
ということで、近所の川へ行き撮ってきました。

画像


画像















画像


画像

















画像

画像













画像

 

  というわけですが、最後は鳥ではありません(あったりめーだ)。ファインダーではこんなに大きくは見えないけど、このくらいトリミングしても月らしさは出ておりますです。7月22日の日食を撮影したいけど、仕事ばっちり日だしなあ。非常的残念にだ
 ところで、月の写真の上の鳥の名前はなんていうか知ってますか。「画眉鳥」って言うんだよ。めずらしいね。拙者は「画眉鳥」のことは当然のことに知りませんで、新種を発見したかもと思い、名前をどうするか考えましたね。
 で、ネットで一応、調べたらいるじゃありませんか。「なんだ、画眉鳥っていうのか、へーへーへー」
 
 他の鳥は、「白鷺」、「カワウ」、「せきれい」だと思いますがいかがでしょうか。違ってましたら正しい名前をコメントに入れていただきたいと希望するであります。

 さらに、もっと、ごっついのも飛んでいます。C-1、T-4、CH-475などであります。「自分はよくわからないであります。もっと、勉強するであります。」「薄暮のころ夏なら19:00頃に我家に帰るC-1はビームライト(?)がとてもかっこいいであります」「写真に撮りたいのですが、いまだかってチャンスがありません、休暇を取って18:00から19:30までじっと待って撮るしかないであります。きをーつけ、かしらーなかっ」

<GGの漫画コーナー>
 昔々は「読むとバカになる」と言われたマンガですが、少し昔は「テレビゲームばっかりやってるとバカになる」と言われましたね。今は「何をするとバカになる」のでしょうかね……
 で、最近では原作がマンガをテレビドラマにしたり、映画にしたり。昔々のマンガと違い最近のはストーリーがすごいのでドラマにしやすいでしょうな。
 たとへば、森田まさのりの「ROOKIES」、森本梢子の「ごくせん」、鳥山明の「ドラゴンボール」、北見けんいち「釣りバカ日誌」などなど、そうだ昔もあったな「サザエさん」とか「いじわるばあさん」とかね。ここらはみんなが知ってると思います。「ゴルゴ13」も高倉健が演ってましたね。ちょっと調べるとぞろぞろでてきますな
 ところで、「星野之宣」って知ってるかね。いいんだよこれが、SF系が多いんだけどね。でも、未来も古代もあっていいんだよ。たとへば「ブルーホール」「ブルーワールド」(恐竜物、ジュラシックパークとだぶるかな)など、なんで、映画にならないかなと思っております。古代伝奇系の「宗像教授伝奇考」はドラマになってました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

jigo
2009年07月05日 19:46
いや、、ご無沙汰。
キャノンマウントだったら、2×のテレコンバーターがあるよ。
使っていないのでお貸ししまっせ。
デジカメになってほんとに気軽にシャッターが押せるようになったね。
でも、ときどき感じるんだけど、フィルムから写真をやっている人と、最初からデジカメを使っている人では、シャッターを押す”気軽さ”のケタが違うようだ。
フィルム時代の呪縛から開放されない自分なんか、一泊二日くらいで山なんか行っても、せいぜい100から150カットくらいしか撮れないけど、彼らは簡単に1000カットくらい押しまくっちまう。
とてもマネできないさ。
ところで、きょうは秩父の武甲山へ行ってきたよ。
こんど、数十年ぶりに秩父のハイキングでもやりませんかね。
練馬舎弟なり。
2009年07月09日 01:07
野鳥の寫眞良く撮れてんなー。鳥たちの活き活きとした感じが出てるで。小生、日本野鳥の会の会員でもあるが、その月刊誌に寫眞投稿欄があって、いつか投稿してみたいと、思うのだ。が、肝心の寫眞を撮ってないンで、なんともはや。どうだね、兄ィそこに送ってみては。鷺がいるってことは、小魚もそこそこその川にはいらっしゃるということになるね。それにしても、鳥というのは人間が最も肉眼で確認しやすい、自然度のバロメーター役だろうな。
追記;小生、先の大雨の影響で仕事中に携帯電話を水浸しにさせてしまい、すべてのデータをうしなってもうた。済まぬが携帯電話のアドレスを送信請う。
GG
2009年07月12日 21:26
jigo殿x2のコンバーターを持ってるとな。実はほしいと思いビ○グカメラで聞いたら「やめたほうがいいです、暗いし、撮りずらいですよ、お薦めはしません」と言われてしまいました。ためしてみたいので是非、お借りしたいと思います。よろしくじゃん。
 ハイキングといえば、拙者は、この数年で、天覧山しか、経験がないが、大丈夫かね。不安であります。
GG
2009年07月12日 21:41
練馬舎弟殿、本当に野鳥の会の会員だったんだね。冗談かと思っておりました。失礼しあした。携帯にアドレスを送っておいたよ。「野鳥の会」に写真を出したいね。野鳥の写真はむずかしいぞ。偶然、予想、技術などがそろって撮れるんだよね。当然連写で撮影してその中でよさげなのを公開するわけだな。彼等の間合いがあるんだよ。

この記事へのトラックバック