12回目。久しぶりだな、最近なんだかんだで忙しくてさ。やめたわけではないけんね

<孫日記>
今年も2月に(遅いかな)身内の新年会をしました。孫達も一年一年と成長しています。昨年はまだ赤ちゃんの範囲だったが、今年は子供の範囲に入ってきたようだ。100円ショップでおもちゃのテントを買ってきたが、M子は大変に気に入り、テントのなかに座布団や人形などを入れ、テントの周りに花や木を描いた紙を置いて遊んでいる。S治はまだ未経験であるが来た時にテントをどう使うか楽しみざます。写真は新年会の時、従姉弟同士仲良く遊んでいるところ。けんかをしてる写真はない。そうだ、M子はY音楽教室に通っているそうで将来は音楽家になるかなあ。S治は電車が好きだけど新幹線などの運転士とかになるのかなあ。画像
<GGコーナー>
今年もやってきました、花粉の季節。拙者はなにをかくそう、花粉症になってから約30年になります。但し、純粋の花粉症ではないようで、花粉とハウスダストとかが混じるとひどくなるようだ。叔父貴に言わせると「ぶったるんでんだよ」です。今は叔父も歳なので行けないが、昔は丹沢の鬼とかいわれた時期があったようです。狭い意味でね。しかし、たるんでようが、なんだろうが、この時期つらいのは拙者だけではなく、最近ではかなりの方々が悩まされている。それは、通勤しててマスクをしてる人がたくさんいることでもわかるよな。30年前はマスクをしてる人なんてそんなにいなかったもんな。きっとマスク業界が花粉菌をばらまいてるんじゃないかなんて思う今日この頃です。ところで、ゴスペルって知ってるかな。God-Spellとか福音とか、神様を讃えるMUSICでジャンルに関して言えば、ブルース、フォーク、ロック、ソウルなど広範囲になる。拙者はどちらかというとブラック・ゴスペルといわれる、ブルース色、ソウル色の濃いのが好きなんだ。ということで、はまってます。マヘリア・ジャクソン、HOLLA、NewYorkHarlemSingersなどなど。なんと日本の名曲のひとつである「翼をください」がNewYorkHarlemSingersによって歌われているんだぜ。英語だけどね。
<親父の”母の思い出”コーナー>
当時は身体障害者に対す援助、介護の助けは無く事故の直後に金十円也の見舞金が警視総監から表彰状が届けられた  前に記した様に全国から少額の見舞金が届いた
現在の福祉の整った時代なら母も苦労が少なかっただろう  私が老齢と言うだけで種々の恩典に浴しているのが恥ずかしい 母ちゃん残念だったね すぐ下の弟もその年の暮れに結核で亡くなり三年間に母、兄、弟と相次いで死亡 父と残った弟二人で細々と暮らした様だ 
  昭和十九年になるとアメリカとの戦争が敗北濃厚となり日本軍は最後の抵抗が始まった 私の部隊はビルマからインドを攻撃する事になり正月早々準備に入り山越えするのでトラックの少ない日本は食糧から兵器、被服、日用品と野宿の道具、等々三十キロの重量が配給になり三月始め行動開始 山登りが始まった  私は幸か不幸か部隊長の当番兵になり荷物が多いので駄馬が割り当てられ部隊長の荷物の外自分のも一部乗せられ助かった  強行軍が強いられ山道を最初は予定通りに進んだが一週間 十日となるとへたばり落後する者が出始め置き去りにして進んだが軍首脳の無能から雨季のシーズンを甘く見て  雨が降り始め部落に泊まればヒコーキと重砲に攻撃されるので大樹の下などに寝た 四月二十九日の天長節に占領の予定が狂いマラリア、アミーバ赤痢、コレラ等が多発し退却の命令が出 五月末 遂に逃げ出した(つづく)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

神様
2008年03月18日 15:32
S治は、消防士さんになりたいとか、警官になりたいとか言ってますよ。
もちろん理由は、働く車に乗りたいから(^^)♪
jigo
2008年03月20日 20:22
おおぉ~、、、いきなりカラー写真になったのでびっくりしたぜぃ。(~o~)
おれ、ちいさい頃から何かになりたいなんて、思っていたかなあ、、。
そんな夢のあるガキじゃなかったな、、おれ、。(^^ゞ
石井
2008年03月21日 20:39
ちわす。
画像、ほほえましいですね。やたら床にペットボトルが置いてあるのが気になります。
花粉症、私は呼吸困難になる程のタンがからみます。汚くて失敬。

この記事へのトラックバック