6回目。おや、孫達が少しかわったぞ。と、古い写真と親とメリークリスマス

<孫日記>
先週の日曜日に、M子とS治が遊びに来た。先にS治が来て、いつものように電車を持ち出し、バアバが古いカレンダーの裏に描いた4メートル四方の線路の上に電車、自動車を配置し、牛乳パックのトンネルをセロテープで固定し、他に、人形などを置いたりして、一人で遊んでいる。少し遅れてM子が来た。バアバに手紙を書いたとかで、幼稚園児らしい字で「おばあちゃんへ」などと書いてある。この時、バアバは旅行に行っており、帰ってきてこの手紙を見つけると大喜びだった。その後、絵を描いたり、プリキュア5の人形で遊んだりして、夕飯を食べて帰っていった。この時、思ったのは、二人ともとても仲良く遊んだことだ。後で、バアバに言うと、M子は幼稚園で色々学んだこともあり、S治はボキャブラリー(語彙)も増えて自分をうまく表現できるようになったということになった。2人とも心がちょっと成長したんだな。
<親父&おふくろコーナー>
おふくろは群馬県の桐生の菱町(村)で生まれ育ちました。おれ(7~8歳の頃)がおぼえているのはおふくろの実家はかやぶきの屋根で前に清流が流れ(夏はせき止めてプールになるがとても水が冷たい)蚕を飼い、土間があっていろりがあり、トイレは母屋の外にあって夜に行くにはとても怖かった思い出がある。だってさ、おばけは出そうだし、夏はでっかい蛾がとびまわり、時々バサバサとトンボやらセミがすぐ近くで飛んでなあ。ひやあ怖い怖い。
牛も飼ってたなあ。そういえば、一度庭で牛が走り回ってたことがあり、ここでもとても怖い思いをしたなあ。そうだ、おれの靴の中に、蚕が糸を出して繭になろうとしてたことがありびっくりしたこともあったな。という田舎であり、おふくろが学校へ通うのに山を登って行かなければならなかったそうだ。ふもとを行くととても遠回りになると言ってたな。で、ある日学校へ行くのに山を登っていくと、首をつってる人がいたそうだ。(この話は怖くてくわしく聞かなかった)遊びとしては、お手玉とかおはじきとか。おふくろは子供のころおてんばで木登りとかもしてたそうだ。猿のようだとおふくろは自分で言ってた。
画像
<GGコーナー>
この写真は、50年ぐらい前だね。昭和32年ごろかな。この頃はこんな井戸がどこにでもあったんだよな。夏は冷たく、冬は暖かいと感じるのが井戸水のいいところだよね。GG家のあたりは貫井町といってたんぼの方へいくと水が湧いていたよ。石神井川にホタルもいたと親父がいってたな。子供は水と泥んこが好きでな、水と泥があれば色々な遊びがあったな。その、究極の技が焼き物だね。古くは縄文土器、それを陶芸といって芸術にもなるしな。で、このころは、この井戸から水を汲んで台所の横にあるかめに入れて飲んだり、(と一言だけど、何回も井戸と台所を水を運んで大変さ)料理に使ったり。風呂にいれる時はもっと大変だったなあ。労働だよね、風呂桶がいっぱいになるまで往復するんだから、でもたしか、GG家では、井戸から風呂桶に樋を渡しそれで風呂桶がいっぱいになるまで、ちゃっこ、ちゃっこ、ちゃっこ、ちゃっこと汲んだ記憶があるなあ。そして、夏は、井戸のふたを開けて中にね、西瓜をつるして冷やすんだね。あのころは、冷蔵庫なんてなかったからなあ。田舎じゃ前の川で西瓜とか、きゅうり、まくわうりを冷やして食べました。
<予告>
親父の母親の話をそろそろします。親父の母親は人を助けて交通事故にあい片足を失いました。「母の思い出」として便箋に11枚に綴られ、またそれは親父の生きてきた歴史にもなります。下書きが2回もしてありました。そして漢字のまちがいや、文法がおかしいところもあるけど、原文のままのせます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

神様
2007年12月27日 12:30
半世紀で、こんなにも便利になってしまったんだなあ。昔の暮らしが書いてある文が、興味深いっす(^-^)
jigo
2008年01月02日 08:40
明けましておめでとう。
ことしもよろしくお願いします。

いやぁ、、なつかしい写真が出てくるねえ。
おじさんも、おばさんも、若いこと、、。(あたりまえか(^^ゞ)

井戸のむこうに格子のように写っているのは、玄関に向かって降りてくる階段だよね。
季節には両側に花が咲いたりして、、。

うちにもオヤヂが写した古い写真があるけれど、これを見ていたら、オヤヂが使ったそのカメラを質屋に入れて流してしまった学生のころを思い出しました。(^^ゞ
kobo
2008年01月06日 20:21
階段なあ。昔の階段だなあ。駅とかは別として、普通はこんな、木と土で出来てたとよなあ。だから、ころんで落ちてももそんなにケガをしなかったような気がする。

この記事へのトラックバック

  • 定年退職した68歳の親父がFXで大成功!

    Excerpt: FXで5年間も苦労してきた私が、たった一晩で親父に負けてしまいました。 親父が儲かった方法とは?たった2つのルールに沿ってトレードを行うだけです。しかもたった10分の作業で、済むのです。 たった10.. Weblog: FXって儲かります,ぞ。と、古い写真と<strong>親</strong>と racked: 2007-12-23 06:29